私が30代未経験から3ヶ月でWebマーケティング転職した戦略とは?

涼介

Webマーケティング会社でSEOライティング担当をしている涼介と申します。30代後半に金融機関の営業職から転職してきました。

30代未経験でWebマーケティング会社へ転職するには、社会人として積んできた経験を武器として、うまくアピールする必要があります。

なぜなら、Webマーケティング業界は平均年齢が20代と若いため、30代、まして未経験の立場で20代と同じ土俵で戦っては勝てないからです。

しかし長年積み上げてきた社会人経験というのは、どんなに優秀な20代の若者でも一朝一夕には決して身につけられないもの。

そこでこの記事では、実際に30代未経験でWebマーケティングへ転職した私が、実体験をもとにその戦略をお伝えします

お伝えするのは、主に下記の通り。

  • 私が30代未経験でWebマーケティング会社へ転職した戦略
  • Webマーケターに向いている人材
  • Webマーケティング業界が30代未経験でも採用する理由

あなたも本気で30代未経験からWebマーケティング会社への転職を目指すならば、この記事の戦略を徹底的に実行することで、Webマーケティング会社への転職を果たせるでしょう。

目次

私が30代未経験でWebマーケティング会社へ転職した戦略8つ

30代未経験からWebマーケティングに転職する戦略

この章では、私が30代未経験からWebマーケティング会社への転職を果たした戦略をお伝えします。

主な内容は以下の通り。

30代未経験からの転職戦略8つ
  1. 課題解決の経験値をアピール
  2. 何かに挑戦した経験は全て武器
  3. 自分の経験に直結する職種を探す
  4. 最低限の基礎知識を独学
  5. ベンチャーを狙う
  6. 年収にはこだわらない
  7. 転職エージェントの力を借りる

それでは一つ一つ具体的に見ていきましょう。

課題解決の経験値をアピール

Webマーケティングの仕事では、「課題を発見する」〜「その原因の仮説を立てる」〜「仮説に基づいた解決策を考える」〜「解決策を実行する」〜「結果を検証する」、というサイクルを繰り返していきます。

ですので、あなたのこうした課題解決の経験こそが、Webマーケティング会社に猛アピールすべきポイント。

これは、Webマーケティング業界未経験の立場で採用されるための必須事項になります。

以下は、私が前職の金融機関で経験した課題解決の一例。

  1. 私は前職では営業管理職をやっていました。
  2. 一番の悩みは部下の統制がうまくいかなかったことです。
  3. 厳しく振る舞うことでの統制を図るも反応はなし。
  4. そこで上司である自分が率先して結果を出すことが緊張感作りになると考え、自ら積極的に営業活動に邁進しました。
  5. また部下の同行サポートにも時間を割き、全体の半数に結果を出させることに注力。
  6. これにより部下の半数が結果を出すと、残りの部下達も自発的に行動を開始。
  7. 結果、その年は全支店中でトップ成績を収めることができました。

こうした経験の数や深さは社会人経験の長さに比例するので、必然的に20代よりも30代の方が有利です。

私はこうした課題解決の経験値が内定のポイントの一つとなったことを、入社後に社長より聞きました

何かに挑戦した経験は全て武器

勉強や趣味など、仕事と無関係なチャレンジ経験も大きな評価対象。

なぜならWebマーケティング業界は変化のスピードが早いため、新しいことに対する好奇心や、実際にそれに取り組んだ行動力を持つ人を高く評価するからです。

例えば、私は前職の頃に未経験からプログラミングを独学で学んでポートフォリオサイトを作っていた経験があり、これをアピール材料の一つにしました。

Webマーケティング業務とは無関係な学習や趣味なども含め、自分が積極的に取り組んできたことはどんどんアピール材料にしていきましょう。

自分の経験に直結する職種を探す

Webマーケティング会社にも色んな職種があり、私が現在勤めるWebマーケティング会社にも外部との交渉をメイン業務とする営業部署も存在します。

私は前職が営業だったこともあり、最初は営業の部署を希望していました。

実際に、下記の通りまず営業職として入社し、そこからマーケティング関連部署へ異動するという流れは自然といえるでしょう。

希望の会社に自分の経験が起きる部署や職種はないかどうか、必ず調べてください。

基礎知識を独学する

未経験者という立場だからこそ、Webマーケティングの基礎知識は事前に学んでおくべき。

というのも採用側の企業にとって、未経験者は教育されるまでしばらく戦力にならず、教育対応する社員の業務時間を奪う存在だからです。

未経験者の立場では、経験がないのは仕方ありませんが、知識なら独学でもインプット可能。

面接時でも、Webマーケティング関連の会話についていけるどうかで、Webマーケティングに対する関心の強さや理解度の深さを見られます。

Webマーケティングに関する基礎知識があまりにも乏しいと判断されてしまうと、どんなに素晴らしい過去の経験があったとしても面接をパスすることは難しいと考えてください。

30代未経験からWebマーケティング会社に転職した私が独学おすすめ本を紹介!

ベンチャーを狙う

ただでさえ大人気のWebマーケティング業界ですから、知名度の高い大手企業となると競争率も激戦。

そして応募数が多いほど、書類選考などはやはり機械的にならざるを得ません。

そうなると、まず足切り対象となるのは未経験者。

未経験者の立場で自分をアピールするには、やはり対面での面接で勝負したいところ。

ベンチャー企業なら競争率が低いため書類切りのリスクも低く、平社員などによるやっつけ仕事的な面接もなくいきなり上層部との面接となるため、思いの丈を存分にぶつけることができます。

ちなみに私が現在所属する会社の面接を受けた時は、最初に役員との面談、そして次にはもう社長による最終面接と、合計二回のみの面接で内定に至りました。

年収にはこだわらない

前職でどんなに高い年収をもらっていて、どんなに多くの課題解決の経験があろうとも、採用する企業側にしてみれば未経験者が貢献してくれるかどうかは未知数。

私が採用されたWebマーケティング会社の社長も、希望年収を掲示してきた時点でほぼ不採用にする、という方針だったと後ほど聞きました。

Webマーケティングのスキルは副業にも大きく活かせますので、入社して得られる実務経験やスキル自体も込みで報酬と考えてください。

給与収入自体は低くても、副業を始めることで得られる収入も混みで考えれば、生活には十分かそれ以上の収入になります。

転職エージェントの力を借りる

30代未経験だからこそ、自分の経験を最大限に魅力的に表現し、うまく伝えることで差別化することが必要不可欠。

これを自分一人で完璧に行うことはほぼ不可能と考えた私は、転職エージェントを徹底的に利用しました。

転職エージェントに依頼することで、以下のような転職指導を無料で受けることができます。

  • 自分の経験の洗い出しと強みの把握
  • 職務経歴書の書き方、見せ方
  • 面接での想定問答・アピールの仕方
  • Webマーケ業界の最新の採用市場動向
  • あなたの希望・年齢・経験に沿った求人紹介
  • そこへ転職するための道筋の立案

私が特に意識したのは、職務経歴書の内容について相談しまくる事。

というのも、未経験での転職では書類選考のハードルも非常に高いからです。

また、転職の成否は、自分に合った転職エージェントを見つけられたか否かで決まると言っても過言ではありません。

複数の転職エージェントに依頼することで、自分に合った担当者に出会える確率を上げることは非常に大切。

以下は、30代未経験からのWebマーケティング会社への転職に強い3社です。

まずこの3社だけでも登録しておけば、30代未経験からWebマーケティング会社への転職準備としては十分でしょう。

マスメディアン

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめエージェントのマスメディアン

マスメディアンの特徴は、マーケター・広報の転職に特化していることです。

またマスメディアンはWebマーケティング領域の転職にも非常に強く、実際にWebマーケティング業界に転職させた実績も業界トップクラス

Webマーケティング経験者であっても、Webマーケティング業界での転職を目指すなら、マスメディアンからアドバイスを受けることはマストです。

>>今すぐマスメディアンに無料アドバイスを依頼する

doda

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめエージェントのdoda

dodaの特徴は、とにかく転職求人の案件数が日本トップクラスであること。

特に、dodaはIT系企業への転職に強いため、Webマーケター・エンジニア・Webデザイナーなどへの転職を目指す方へのきめ細かい指導体制が魅力です。

IT企業にて自社サイトを運営するWebマーケター案件も狙っていきたいところですので、dodaの転職エージェントからもアドバイスを受けておくことは必須です。

>>今すぐdodaに無料アドバイスを依頼する

リクルートエージェント

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめエージェントのリクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職エージェント。

リクルートエージェントの特徴は、ミドルクラス以上の求人案件に特化していることです。

Webマーケターの求人案件の豊富さでも他社を圧倒しており、特に大都市圏だけではなく郊外や地方も含めたエリアでの転職も視野に入れている方には嬉しいところ。

もちろん、30代未経験という立場ならできる限り多くの案件に当たるべきですから、こちらも登録必須ですね。

>>今すぐリクルートエージェントに無料アドバイスを依頼する

以上、30代未経験からの転職に強い転職エージェントを紹介させていただきました。

年齢とともに転職のハードルは高くなっていきますので、もしあなたが30代であれば時間の猶予はありません。

まずは上記4つの転職エージェントへの依頼を済ませ、いち早くアドバイスを受けてWebマーケティング会社への転職活動をスタートさせましょう。

>>30代未経験からのWebマーケティング会社への転職に強いエージェントはこちら

続いて次章では、30代未経験からWebマーケティング会社へ転職するための、その他の対策について話していきます。

30代未経験からのWebマーケティング会社への転職に向けたその他の対策

30代未経験からWebマーケティングに転職する対策

この章では、30代未経験からWebマーケティング会社へ転職する上で有効と考えられる、その他の対策を伝えます。

内容は以下の通り。

30代未経験転職のその他対策
  • Webマーケティングスクールで学ぶ
  • Webマーケティング関連の資格を取る
  • 趣味でWebマーケティングに取り組む
  • 現職でWebマーケ職へ異動する

では一つ一つ解説していきます。

Webマーケティングスクールで学ぶ

昨今はエンジニア転職を目指すためのプログラミングスクールが乱立してきましたが、Webマーケターを目指すためのマーケティングスクールも徐々に増えつつあります。

スクールへ入会することはお金がかかってしまうのがネックである一方、スクールが提携している企業への転職斡旋を受けることができきるのがメリット。

プログラミングスクールでは20代までしか入会できない場合が多いのですが、Webマーケティングスクールは30代でも入会可能なスクールがあります。

以下は、30代未経験からWebマーケティング会社への転職を目指す方におすすめのスクールです。

マケキャンbyDMM.com

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめスクールのマケキャンbyDMM.com

マケキャンは、30代でも入会が可能なWebマーケティングスクール。

マケキャンはインターネット広告代理店への就職実績が多いのが特徴です。

>>マケキャンの説明会に参加してみる

WANNABE Academy

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめスクールのWANNABE Academy

WANNABE Academyへの入会は、35歳までOK。

WANNABE Academyでは、説明会への参加後に7日以内に本申込みをすると、なんと入学金¥66,000を免除してくれるキャンペーンが開催されています。

リアルタイムなキャンペーンの詳細については、最初の面談を受けた時に必ず確認しましょう。

>>Wannabe Academyの説明会に参加してみる

ビズデジ

30代未経験からWebマーケティング転職おすすめスクールのビズデジ

ビズデジへは、年齢問わず入会することができます。

ビズデジの特徴は、WebマーケティングだけでなくIT全般に強いビジネスパーソンの育成に力を入れていること。

また、転職だけではなく独立や副業など、幅広い進路の提案をしてもらうことができます。

>>ビズデジの説明会に参加してみる

上記三つのスクールはいずれも、公式サイトから無料相談会や無料説明会等に申し込むことが可能。

まずは無料相談会や無料説明会でしっかりと話を聞いてみて、本申込をするか否かを決めてください。

趣味でWebマーケティングに取り組む

Webマーケティングの経験は、趣味として誰でもすぐに取り組むことが可能。

取り組むことで、Webマーケティングの感覚を身につけられることに加えて、やっていく中で自然と知識も身についていきますので良いことづくめです。

特にWebマーケティング未経験者におすすめの活動は、やはり何といってもブログとSNS。

  • ブログ
  • 得意なジャンルでWordpressで記事を書き、SEOを勉強しながらアクセスを伸ばしていく。Googleアナリティクスなどの解析ツールが使えるようにもなる。

  • SNS
  • 新規アカウントを開設し、なんでもいいので「フォロワーを増やす」ことを目標として運用していく。特におすすめなのはTwitterで、140文字という制限のある中でいかに魅力的なツイートを発信していくかを徹底的に考えさせられる。

どちらを実行したとしても、「ターゲット層の特定する、ターゲットに応じた発信をする、アクセスを稼ぐ」といった一連のマーケティング活動を経験することが出来ます。

それらの取り組みの結果、例えば、

  • ブログを運営し月3万pvを獲得している
  • Twitterで1,000以上のフォロワーがいる

といったものは立派な実績として選考の評価対象になります。

可能であれば、ぜひ取り組んでください。

Webマーケティング関連の資格を取る

Webマーケティング関連の資格の取得することは、Webマーケティングに対する意欲をよりアピールできたり、資格の勉強を通じて知識が身に着くというメリットがあります。

Webマーケティングの代表的な資格は下記の通り。

  • Google Analytics個人認定資格
  • ウェブ解析士

実は、Webマーケターになるためには、資格の取得は必須ではありません。

Webマーケターとして市場価値の高い存在になるには、とにかく経験とスキルを磨き続けて実績を積み上げていくしかないのです。

未経験者としては選考を有利に進める材料にはなるので、余裕があれば勉強してみてください。

現職でWebマーケ職へ異動する

もし今のお勤め先にWebマーケティング関連部署があるのでしたら、異動願いを出してみてください。

もちろん勤めてる会社がWebマーケティング関連部署がないならば、私のように転職という選択しかないでしょう。

しかし、最初から転職しか考えないのは不要なリスク。

今の職場でWeb集客に携わる部門に異動することが可能か否か、まずは調べてみることが大事だと思います。

次章では、実際にWebマーケティング会社で働いてみた私が考える、Webマーケターに向いている人材についてお伝えします。

Webマーケターに向いている人材

30代未経験からWebマーケティングに転職して向いている人

この章では、Webマーケターとして向いていると私が考える人材についてお伝えしていきます。

Webマーケターに向いている人
  • 新しい情報に敏感な人
  • 自らどんどん学んで実践していく人
  • 論理的に思考できる人

それでは一つ一つ具体的に見ていきましょう。

新しい情報に敏感な人

Webマーケティングに限らず、ITの世界では全般的に新しい技術が日々アップデートされています。

例えばGoogleの検索エンジンのアルゴリズムは3ヶ月に一度のペースでアップデートされるため、SEOをメインとする企業にとってはこの最新情報のキャッチが遅れることは命取り。

また、分析ツールも覚えたと思ったものはすぐ古くなり、より便利で新しいものが誕生してはまたその使い方を覚えるの繰り返しです。

更にここ数年、世界的に大きな流れだったクッキー規制問題が日本でも大きく話題になり、業界のスタンダードが大きく変わろうとしていますね。

30代未経験でも転職できるWebマーケティング業界に合っている人はクッキー規制問題のような新しい情報をいち早くキャッチできる人
引用元:日本経済新聞

いち早く最新情報をキャッチしてインプットし、即座にそれをアウトプットできるスピードの速い人材は、Webマーケターとしての資質十分です。

自らどんどん学んで実践していく人

Webマーケティング業界では求められるスキル・知識の範囲がとてつもなく広いため、自らどんどん学んでいく習慣がないとあっという間に置いていかれてしまいます。

例えばSEO対策や広告出稿の際にキーワード需要を調べるGoogleキーワードプランナーや、施策の効果分析を行うGoogleアナリティクスなど、こうした基本的なツールはどんどん自分で学習して使えるようになっておくべき。

その上で日々アップデートされる新しい情報も取り入れる努力をし続けて、なお淘汰される可能性があるのがWebマーケティング業界です。

自ら進んで学習し、スキルを磨く気概がなければ、しんどい思いをするのはあなた。

逆に、あなたが自己研鑽を常に習慣にしているのであれば、Webマーケターとして非常に充実したキャリアを進んでいけます

論理的な思考ができる人

Webマーケティングは、課題の分析〜仮説立案〜実行〜検証〜改善というサイクルを常に回し続ける仕事。

集客がうまくいかない場合、課題はどこで生じ、どうすれば改善できるのかを、数字やデータに基づきロジカルに分析すことがメイン業務です。

とはいえ、最初からロジカルシンキングができる人ばかりではないため、実務を通して徐々に学んでいけば大丈夫

もちろん、普段から物事を論理的に考えることが得意な人には、Webマーケティングはとても向いている職種ですね。

次章では、そんなWebマーケティング会社はなぜ私のような30代未経験でも採用するのか、その理由をお伝えしていきます。

Webマーケティング会社が30代未経験者でも採用する2つの理由

30代未経験からでもWebマーケティングに転職できる理由

この章ではWebマーケティング業界が30代未経験でも採用する理由について解説いたします。

Webマーケ業界の採用事情
  • インターネット広告市場が急成長中
  • コロナにより求人数の増加が加速

では一つ一つ見ていきましょう。

インターネット広告市場が急成長中

Webマーケティングと非常に関連性が高いのが、インターネット広告市場。

人々の情報源の主流がテレビからインターネットへと完全に移行しつつあり、インターネット広告の市場規模は近年著しく成長してきました。

下記のグラフをご覧ください。

Webマーケティング業界が30代未経験でも転職を受け入れる理由はインターネット広告費の上昇
引用元:2019年日本の広告費(電通)

上記は、電通が2020年3月に発表した「2019年日本の広告費」の調査結果。

ご覧の通り、2019年にインターネット広告費はついにテレビ広告費を超えて総額2兆円近くまで伸びてきており、今後も更なる成長が見込まれます。

これに伴い、Webマーケティング業務を外部委託してきた企業でも社内にWebマーケティングの専門部署を設けるなど、Webマーケティングスキルを持った人材の需要は業界問わず増加中

インターネット広告市場が急成長している現在、Webマーケティング業界は30代未経験者でも転職しやすい状況です。

コロナにより求人数の増加が加速

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの企業は実店舗型での商売では売上が低迷。

そうした企業のほとんどは、非対面型のビジネス展開手法であるWeb集客への転換を余儀なくされましたね。

それにより多くの企業ではECサイトや自社ホームページなどでのWeb集客に尽力し始め、Webマーケ担当人材の採用が急務になったことはご承知の通り。

下記は、求人サイトの大手「indeed」に掲載の求人票です。

Webマーケティング業界が30代未経験でも転職を受け入れる理由はコロナによる豊富な求人数

引用元:indeed

ご覧の通り「indeed」では2021年10月時点にて「Webマーケティング 未経験」との検索によりヒットする登録求人数は、なんと19,000件近く。

まさに今のタイミングは、これまで以上に30代未経験でもWebマーケティング業界への転職に挑戦しやすい採用環境です。

次章では、そんなWebマーケティング業界へ私が30代未経験から転職して感じた、Webマーケターとして働くメリットをお話していきます。

30代未経験からWebマーケティング会社へ転職するメリット4つ

30代未経験からWebマーケティングに転職するメリット

この章では、私が30代未経験からWebマーケティング会社へ転職して感じた、Webマーケターとして働くメリット4つを下記の通りお伝えします。

転職後のメリット4つ
  1. 業界問わず活きるスキルを実践で学べる
  2. 場所を選ばずどこでも働ける
  3. 得たスキルは副業にも活かしやすい
  4. 独立やフリーランスを目指しやすい

それでは一つ一つ具体的に見ていきましょう。

業界問わず活きるスキルを実践で学べる

インターネット上での集客スキルであるWebマーケティングのスキルは、一度習得してしまえば業界問わず活躍できます。

なぜなら、店舗で商売をする企業や自営業者でも今や自社サイトを持っていることが多く、集客アップのために自社サイトを検索エンジンで上位表示させたり、SNSを駆使してキャンペーン情報を広く告知させることに尽力しているからです。

加えて、昨今は新型コロナウィルスの感染拡大の影響で店舗来客数が減りつつあるため、Web上で集客するスキルの必要性は急上昇。

このWeb集客スキルを身につけるなら、Webマーケティング会社へ転職して実務経験を積みながら学ぶのがベストです。

Webマーケティング会社へ転職して経験値を積むことで、どんな業種でも通用する人材になれると言っても過言ではありません。

場所を選ばずどこでも働ける

Webマーケティングは、パソコン一台さえあれば事足りる仕事。

実際に、SEO対策や記事のライティング、アクセス解析などのデータ分析、各種デジタル広告の出稿など、主なWebマーケティングの仕事はほとんどインターネット上で完結します。

またWebマーケティング会社では、社内メンバー同士のミーティングはもちろんのこと、クライアントとの打ち合わせや採用面接など外部の方々とのコミュニケーションもzoomなどのビデオ対話で行うことがほとんど。

つまり、場所にとらわれないのでコロナ禍によるリモートワークでも滞りなく仕事ができ、地方や海外へ移住したとしても全く支障なく業務に携わることが可能です。

したがって、どのような環境や状況でも仕事ができることも、Webマーケティングの大きなメリットなんです。

得たスキルは副業にも活かしやすい

ブログやSNS、YouTubeなどを使ったアフィリエイトや広告、さらにはコンサルティングなど、在宅でもできるインターネットビジネスは副業としてとても人気が高いですね。

Webマーケティングはオンライン上で集客するスキルですから、インターネットビジネス系の副業にとても活かしやすい仕事。

本業のスキルが副業にも活かせるということは、逆に副業で積んだ経験や知識を本業にも活かせるということですね。

ゆえにWebマーケティング会社へ転職することで、本業と副業の相乗効果によってスキルのレベルアップを極めて効率的に図っていくことができるのは、とてつもない魅力です。

独立やフリーランスを目指しやすい

今や、ほぼ全業種がインターネット上での集客に力を入れる時代。

検索エンジンやSNS、Youtubeなどにおいて、顧客のWebサイトの認知度アップやリピート促進をする、いわばインターネット上の集客スペシャリストであるWebマーケターは引っ張りだこです。

また、Webマーケティングの仕事は、パソコン購入代とレンタルサーバー代などのちょっとした初期費用さえあれば自宅で手軽に実行可能。

独立やフリーランスを考える上でネックとなる初期費用の問題も、Webマーケターという職種を選ぶのであれば悩む部分は一切ありません。

したがって、もしあなたがWebマーケティングという分野で副業を始めて実績を積み上げていけば、起業や独立、フリーランスという夢を叶えられる確率はとても高いですね。

続いて次章にて、私が30代未経験からWebマーケティング会社へ転職して感じた、Webマーケターとして働くデメリットをお話いたします。

30代未経験からWebマーケティング会社へ転職するデメリット4つ

30代未経験からWebマーケティングに転職するデメリット

この章では、私が30代未経験からWebマーケティング会社へ転職して感じた、Webマーケターとして働くデメリット4つを下記の通りお伝えします。

転職後のデメリット4つ
  1. 未経験ゆえ収入が下がるリスクが高い
  2. 新人扱いからのスタートになる
  3. 年下の上司に頭を下げることも
  4. Webマーケティングは実績主義

では一つ一つ解説していきます。

未経験ゆえ収入が下がるリスクが高い

Webマーケティング業界の新卒正社員の年収相場は20代で300〜500万円ですが、未経験からの転職の場合は大体250万〜300万スタートとなることは覚悟しておいてください。

なぜなら、企業側は未経験者を採用すると、「実際に収益に貢献できるまで時間がかかる」「教育を担当させる社員の業務時間が割かれる」という二重の負荷がかかるため、人件費はできる限り抑えたいところだからです。

実際、未経験者が採用されたら前職より年収が下がるというのは、Webマーケティング会社に限らずどの業界にも共通しているはず。

もちろん前職にて少しでもWebマーケティング関連の業務経験があれば多少は考慮されるかもしれませんが、近い業種でも会社ごとにガラッと内容が異なるケースも多いため高い年収が払われることはほぼ無いと考えてください。

しかし目先の年収が下がったとしても、Webマーケティング会社への転職は「業界問わず需要が高い」「働く場所を選ばない」「副業にも活かせる」「会社に依存せずフリーでも働ける」といったスキルを習得できることを考えれば、総合的にはメリット面が多いですね。

新人扱いからのスタートになる

未経験ということは前職での業務とこれから携わる仕事が変わるのですから、社会人経験があっても全くの新人扱いになるのは不可避。

仮に前職での経験の中に、プロジェクトリーダーとしてチームをまとめ実績を出したという経験や、管理職をしていたという経験があるのであれば話は別です。

しかしそうした経験がないのであれば、前職でせっかく積み上げてきた経験や勤続年数がプラス評価されることはなく、キャリアがリセットされる可能性が高いことは覚悟しておいてください。

年下の上司に頭を下げることも

Webマーケティング業界は比較的新しい産業ゆえ、社員の平均年齢は20代と若く、経営者も同じく20代というケースも多い世界。

実際にWebマーケティング会社に30代で入社すると自分より年下の役員や上司である可能性も高いため、必然的に自分よりもずっと年下の社員に頭を下げる機会も多いです。

もしあなたが前職にて年功序列の会社で働いてきたり、学生時代に体育会系の部で活動してきたという経験がある場合は、年下に頭を下げるというのは精神的にキツいと感じるかもしれません。

そうした経験があなたになかったとしても、社会人としてある程度の年数を重ねてきていると、年齢とともに少なからずプライドが生じてくるのが人間というもの。

とはいえ、あなたが上司の年齢に関係なく対応していける人材でなければ、企業としても業務がうまく回りません。

Webマーケティング会社へ未経験で転職する際には、年下に頭を下げる機会があることに対し覚悟を持っておいてください。

Webマーケティングは実績主義

Webマーケティングという仕事は、自分が行った施策の効果をデータ解析によって明確に検証できるというやりがいがある一方、その結果のみによって評価が決まる厳しい成果主義文化。

事実として、勤務年数に関係なく実績のみで評価される文化にプレッシャーを感じ、大きなストレスを抱えてしまう方もいます。

しかし常に高いパフォーマンスを維持するからこそ、顧客から信頼され、そして期待されることで仕事をいただけるというもの。

あなたがWebマーケターとして実績を出すことに強くこだわり、そしてWebマーケティングに関する探究心を持ち続けることができなければこの仕事を選ぶことは辛い結果になりますので、自分が本当にWebマーケティングに情熱を注げるか否かをよく考えておいてください。

次章では、そんなWebマーケターの仕事とはそもそもどんな仕事なのか、私が大企業のキャリアを捨ててまで選んだその魅力についてお伝えします。

そもそもWebマーケターとは?大企業キャリアより魅力的?

30代未経験からでも転職したいWebマーケティングの仕事と魅力

この章では、そもそもWebマーケターの仕事とはどんなものなのか、私が大企業のキャリアを捨ててまで感じたその魅力についてお話していきます。

Webマーケターとは?
  • Webマーケターの仕事内容
  • Webマーケターとして働く魅力

それではご覧ください。

Webマーケターの仕事内容

今や業界や組織規模を問わず、ほとんどの企業・自営業者が自社ホームページやSNSアカウントを持っています。

Webマーケターの仕事とは、企業のホームページやSNSアカウントへのアクセスを増やし、商品やサービスへの問い合わせや申し込みへつなげて売り上げアップに貢献すること

この売り上げアップへの対策はさまざまで、代表的は手法は下記の4つです。

  • SEO(サイトを検索上位表示させる)
  • Web広告(ネット上に広告を出す)
  • 動画(YouTubeなどを使う)
  • SNS(Twitter・Facebookなどを使う)

などなど。

このようにWebマーケティングの手法は多岐に渡るため、目的・ターゲット・タイミングに応じてどの手法を使うのかを適宜判断していきながら売り上げアップに近づけていきます。

インターネット広告市場の急成長と、コロナ禍の影響によるWeb集客の需要増により、Webマーケターは今最もニーズの高い職業の一つとなりました。

Webマーケターとして働く魅力

私が考える、Webマーケターとして働く魅力は何といっても、

  • ブログなどの副業スキルにも活かせる
  • 起業やフリーランスを目指しやすい

というところ。

私は金融機関の営業職として10年以上勤務してきましたが、コロナによる将来不安から会社に依存せず生きられるスキルの必要性を痛感し、特に近年成長著しいインターネット系職種のスキルを身につけたいと考えていました。

そんな私にとって、まさに自分で生きていけるスキルとなるWebマーケティングの仕事は非常に魅力的な要素が満載の職種だったのです。

起業やフリーランスを目指して手に職をつけるべく転職や副業を考えている方には、Webマーケターは最適な仕事の一つですね。

続いて次章では、Webマーケティング会社への転職を考えている方からのよくある質問をいくつかご紹介します。

Webマーケティング会社への転職でよくある質問

30代未経験からのWebマーケティング転職でよくある質問

この章では、Webマーケティング会社への転職に関するよくある質問をご紹介します。

よくある質問
  • 30代未経験からでも転職はできる?
  • 有利なWebマーケティング資格は?
  • 学ぶべきWebマーケティング知識は?

それでは一つ一つ具体的に見ていきましょう。

30代未経験からでも転職はできる?

30代未経験からでもWebマーケティング会社への転職は可能です。

現状ではインターネット広告の需要は右肩上がりであることに加え、コロナの影響により求人数も豊富に出回っているため、Webマーケティング業界はまさに売り手市場。

30代としてこれまで積み上げてきたビジネス経験を武器としてアピールすることができれば、Webマーケティング業界へは30代未経験からでも転職できます。

有利なWebマーケティング資格は?

Webマーケターは、資格がなくても就ける職種。

とはいえ資格を保有していれば、Webマーケティングへの興味の強さを示せたり、資格取得の過程で基礎知識がついたりと、メリットはあります。

Webマーケティング会社へ転職する上で有利な資格は、下記の通り。

  • Google Analytics個人認定資格
  • ウェブ解析士

余裕のある方は、資格取得に挑戦してみて損はないでしょう。

学ぶべきWebマーケティング知識は?

Webマーケティング会社への転職では、以下の用語知識は事前に押さえていおいた方が良いでしょう。

  • PV(ページビュー)
  • →Webサイトが閲覧された回数

  • CV(コンバージョン)
  • →成果(商品が購入されたなど)に至った回数

  • CVR(コンバージョン率)
  • →PVからCVに至った割合

  • Googleアナリティクス
  • →PV・CV・CVRなどの分析ツール

  • Googleサーチコンソール
  • →流入キーワードなどの分析ツール

上記の他にもさまざまな基本用語がありますが、事前に知識をできるだけ多く学んでおくことは自己学習の習慣があることを面接で示せるうえに、入社後もスムーズに業務へ入っていくことができます。

まとめ

最後に、30代未経験からWebマーケティング会社へ転職した戦略について、内容をおさらいします。

30代未経験からの転職戦略8つ
  1. 課題解決の経験値をアピール
  2. 何かに挑戦した経験は全て武器
  3. 自分の経験に直結する職種を探す
  4. 最低限の基礎知識を独学
  5. ベンチャーを狙う
  6. 年収にはこだわらない
  7. 無料で転職エージェントの力を借りる

ご覧の通り、30代未経験からWebマーケティング会社へ転職するには、長らく積み上げてきた社会人経験がいかに活かせるかを伝えることが最大のポイントです。

私は30代、しかも30代後半からWebマーケティング会社への転職を果たしました。

あなたが同じ立場であったとしても、しかるべき戦略を取ればきっとWebマーケティング会社への転職は可能です。

とはいえ、転職の成否は若さで決まる要素が大きいのは、昔も今も変わらぬ事実。

もしあなたも本気で30代未経験からWebマーケティング会社への転職を目指すなら、まずは転職エージェントに相談し、1秒でも早くスタートを切りましょう。

>>30代未経験からのWebマーケティング会社への転職に強いエージェントはこちら