toggle
2019-05-07
【WEB】★★DSC01965

ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前イベント

ミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演直前イベントに鈴木勝吾、平野良らが出演。歌とトークで観客を
楽しませた。

5月10日から、東京・天王洲 銀河劇場にてミュージカル『憂国のモリアーティ』の公演がスタートするのを前に、
公演直前スペシャルイベントが、ゴールデン・ウィーク期間中に日比谷エリアをエンターテインメントに染める
イベント「Hibiya Festival」Hibiya Step Showの2.5次元ミュージカルデーの催しとして5月2日に、東京・日比谷
ステップ広場で行われた。

イベントには、鈴木勝吾、平野良、久保田秀敏、山本一慶、井澤勇貴、赤澤遼太郎、鎌苅健太らが登場し、トー
クショーを行ったり、音楽担当のただすけ氏のピアノによる生演奏で公演楽曲より3曲を歌唱披露。日比谷ステッ
プ広場に集まった大勢の観客を楽しませた。

【WEB】★★DSC01965

歌唱を終えてのトークで、主人公のウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役の鈴木は「舞台公演前に楽曲をお
披露目できる機会はなかなかないので、お客様と一緒に本番へ向かっていけるきっかけとなるイベントになりま
した。本番は芝居が乗った上での楽曲になるので、より皆さんの心に響くので、今は期待しかありません!」
シャーロック・ホームズ役の平野は「今日は、たくさんのファンの方、足を止めてくださった方の前で歌って楽
しかったです。本番は我々の本業である芝居が入りますので、そちらの方も頑張って、歌と芝居が融合した素晴
らしいケミストリーが起こるんじゃないかと思います!」ジョン・H・ワトソン役の鎌苅は「本当に楽しかった
です。と同時に『憂国のモリアーティ』は大勢の人たちに愛されていて、期待値が高い作品だと感じました。そ
の期待値を超えていきたいと思います!」と、公演に向けての思いを語った。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』は、集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載中の構成/竹内良輔氏、
漫画/三好 輝氏による人気コミックの舞台化。
コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授の視点で
再構築された物語だ。

ストーリーは、上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、階級制度に
よる悪を取り除き、理想の国を作ろうとするモリアーティと、宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描か
れている。

公演は、
5月10日~19日東京・天王洲 銀河劇場
5月25日~26日大阪・柏原市民文化会館リビエールホール 大ホールにて。

関連記事