toggle
2016-04-07 | ニュース
舞台『瞑るおおかみ黒き鴨』

もののふシリーズ 舞台『瞑(つむ)るおおかみ黒き鴨』

舞台初主演の青木玄徳が続投。もののふシリーズの新作タイトルは『瞑るおおかみ黒き鴨』。
松田凌、荒木宏文ら実力派若手俳優が西南戦争を描く。3都市で上演決定!!

2016年9月1日(木)より、もののふシリーズ 舞台『瞑(つむ)るおおかみ黒き鴨』が
東京・大阪・北九州の3都市での上演が決定。本日、公演タイトル、全キャスト、
公演日程、チケット詳細が発表されました。

前作は昨年9月~10月に上演した舞台『もののふ白き虎』で、殺陣1,500手以上の
圧倒的なアクションや、笑って泣ける青春群像劇、男前な人物像の演出が話題と
なり、終演後も多くの反響が続き今回よりシリーズ化。

キャストには『仮面ライダー鎧武/ガイム』など幅広く活躍し、前作で新撰組 斎藤
一役を演じた青木玄徳が舞台初主演を務め、対する薩摩藩側で西郷隆盛の片腕とし
ての存在である中村半次郎役にドラマ『ニーチェ先生』出演等の松田凌、アーティ
ストとしても活躍を広げる荒木宏文が新撰組土方歳三役を続役する。

さらに、鈴木勝吾、早乙女友貴、斉藤秀翼、佐伯大地、伊崎龍次郎と注目の若手俳優
らと林田航平、山谷花純、村田洋二郎、長友光弘(響)の出演が決定。山縣有朋役の
内海光司、大久保利通役の大澄賢也が物語を彩る。

前作は幕末の激動の時代、戊辰戦争の中、飯盛山で壮絶な最期を遂げた白虎隊の少年
達を描いたストーリーだったが、今作では明治初期、新政府軍と旧薩摩藩士族の間で
起こった日本国内最後で且つ、最大規模の内戦であった西南戦争を軸に、新たな時代
を生きる男たちの生き様を綴る。引き続き、西田大輔による書下ろし作品になる。

尚、公演後に行うアフタートークに前作で白虎隊を演じた安西慎太郎、和田琢磨、
小澤亮太、白又敦、河原田巧也、松村龍之介がスペシャルゲストとしても参加する
との事。前作ファンならずとも見逃せない内容になっている。

瞑るおおかみ黒き鴨ロゴ
オフィシャルサイト
http://www.mononofu-stage.com/

<公演日>
東京公演:2016年9月1日(木)〜9月11日(日) 天王洲 銀河劇場 (全16公演)
大阪公演:2016年9月19日(月・祝)〜9月20日(火) 森ノ宮ピロティホール(全3公演)
北九州公演:2016年9月22日(木・祝) 北九州芸術劇場 大ホール(全2公演)
<出演者>
青木玄徳 / 鈴木勝吾 早乙女友貴 斉藤秀翼 佐伯大地 伊崎龍次郎 // 内海光司 //
林田航平 山谷花純 村田洋二郎 長友光弘(響) / 松田凌 / 荒木宏文 / 大澄賢也 他
<作・演出>
西田大輔

※画像は一段目:青木玄徳 鈴木勝吾 早乙女友貴
二段目:斉藤秀翼 佐伯大地 伊崎龍次郎
三段目:松田凌 荒木宏文
※©舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」

2016-03-22 | ニュース
鈴木拡樹さん1

鈴木拡樹さんファースト写真集『SHAFT- Suzuki Hiroki Acting From Thirty -』発売記念握手会囲み会見レポート

3月19日(土)東京・福家書店新宿サブナード店にて、鈴木拡樹さんのファースト写真集
『SHAFT -Suzuki Hiroki Acting From Thirty-』の発売記念握手会が開催されました。

鈴木拡樹さん2

イベント直前に行なわれたマスコミ会見にて、鈴木さんは「ちょっと気恥ずかしいですね」
とはにかみながらも、写真集撮影時の秘話を語ってくれました。

――発売されてのご感想は?
「不思議な感覚ですね。雑誌などで撮影させて頂くことはありましたけど、写真集という形
になると…。僕は写真集をイチ作品として捉えていますが、見て頂いた方にはどういう捉え方
をして頂けるか楽しみにしていました。嬉しくもあり、ちょっと気恥ずかしいです(笑)。
初めて雑誌に載った時の気持ちに近いものを感じています」

鈴木拡樹さん4

――撮影で大変だったところは?
「東京近郊のロケが多かったのですが、ロケ予定日が雨で…(苦笑)。出来るだけ晴れ間を
狙って撮っていたのですが、スタッフさんたちも大変だったと思います。普段は晴れ男の
ハズなんですけどね(笑)」

――お気に入りのショットは?
「僕にとっても初挑戦で、一度やってみたくて提案させて頂いたのがこのアーティスティック
なショットですね。テーマは“神”ということでやらせて頂きました。写真集を作るにあたって、
やはり役者なので、表現している姿を撮って頂きたくてチャレンジさせて頂いたショットです」

鈴木拡樹さん5

――すごいメイクですね。
「メイクは作っていく工程で『もっと汚してみようか?』とアドバイス頂いたので、『どんどん、
思う存分やってください!』と(笑)。楽しみながらやらせて頂きました。色んな面を見て頂き
たかったので、役として写っているショットもあれば、川沿いで撮影しているショットは、スタ
ッフさんとおしゃべりしながらのリラックスした状態。普段の自分として写っているショットも
あります。

鈴木拡樹さん6

――ご家族には?
「明日の大阪イベントで家族に会えるので、ようやく見せることが出来ます。親の方が照れくさい
と思います(笑)」

――30歳になった今、写真集発売となったお気持ちを。
「今回、写真集のお話を頂いて出そうと決めたのは30歳になったから。形に残るものとして30歳の
記念で出させて頂きました。タイトルにも込めたように、役者としても、人としても軸のブレない
人間でありたいと思っています。写真集を作るにあたって、自分からも色々提案させて頂いたり、
アドバイスを頂いたりと、とても学べた経験となりました」

鈴木拡樹さん3

――今後チャレンジしてみたいことは?
「周囲の役者たちの写真集は海外ロケが多くて。役者仲間である植田圭輔くんの写真集を見せて
もらったのですが…海、キレイですよね~! 僕自身は海が似合わないんですけど(苦笑)。でも、
もし機会があれば行ってみたいですね。行きたい場所はボラボラ島。ずっと憧れの場所なんです」

――イベントに参加される方々にメッセージを。
「今回、写真で表現するという新たな機会を頂きました。それぞれのショットから自分でストーリー
を広げられるような、そういう作品になったと思います。たくさんの方に見て頂けることを嬉しく
思います」

ロングインタビュー含むボリュームたっぷりの写真集となっています。
鈴木拡樹写真集
鈴木拡樹ファースト写真集
「SHAFT -Suzuki Hiroki Acting From Thirty-」 :ワニブックス刊
https://www.wani.co.jp/event.php?id=4978

2015-12-01 | ニュース
囲み会見1

平間壮一さんファーストフォトブック『#』発売記念イベント囲み会見レポート

11月29日(日)に福家書店新宿サブナード店で平間壮一さんのファーストフォトブック
『#(シャープ)』の発売記念イベントが開催されました。

囲み会見2

当日はイベント開始前にマスコミに向けて囲み会見が行われ、ファーストフォトブックが
出来た感想などを話してくれました。

-写真集が出来ての感想は?
「写真集が出来て、こんなに良いものが出来たんだなっていう気持ちと、自分の作品
が遂に出来たんだという嬉しさと楽しさと・・・良いことしか思い浮かばないです!」

-お気に入りの写真は?
「スケボーを持っている写真が気に入っています。自然な感じで、一番自分の素に
近いという気がしています。」

囲み会見3

お気に入り写真   1NYの駅でジャンプ

「このジャンプしているモノクロの写真は、NYの駅のホームなんですが、たまたま
誰も人がいない時に、跳んだ瞬間を撮ってもらいました。」

-写真集の為に、何か準備はされましたか?(見事な腹筋を披露しているので)
「普段からダンスレッスン等を行なっているので、この為に特に準備はしていません。
撮影をする直前に軽いウォームアップをしただけです。」

hirama_002

-ご家族にはもう写真集は見せましたか?
「母はなんでも良いと言ってくれるタイプなんですが、喜んでました。僕が小学校
4年生からダンスや、芸能界で頑張りたいという事を知っているので、「写真集
なんて出す子になったの!」と。母が一番驚いていると思います。」

-本日、1800人のファンの方がいらっしゃってますが、お気持ちは如何ですか?
「今は、ファンの皆さんが来て下さって、本当にプラスに考えられるんですけど、
写真集を作るってなった時は、自分で自分の写真集を見ても、癒しでもなんでも
ないじゃないですか。恥ずかしいみたいな(笑)。でも、この写真集を見てくれた
ファンの皆さんの支えになったり、辛いことなどを無くせたり出来れば嬉しいです。」

hirama_004

-DVDについて
「写真集についているDVDは、素が出過ぎていてヤバイです。(笑)おもにメイ
キングが入っているんですけど、踊っているところが見どころです。このDVDを
見ると、写真集での動きはこういう風になっていたのか、とか分かり易くなって
いると思います。」

-ファースト写真集に点数を付けると
「180点!写真集を何回も出すつもりでやれていなくて。今回、写真集を出させて
いただく。ということを大事にして、今あるものを全部出し切った感じですね!
これからまた色んなものを吸収して、次出せるってなった時には、全く違うような
作品を出せたら良いなと思います。」

囲み会見4

 

「楽譜でいうと「半音ひとつ上がる」というところから、稽古など、自分が日々取り
組んでいる中でも一歩一歩、少しでも良いから上がっていこうという意味を込めて
『#(シャープ)』というタイトルを付けました。」というファーストフォトブック。
インタビューも嘘なく、全部話しているので平間壮一さんの全てがわかる写真集です。

平間壮一写真集『#』

平間壮一 1st PHOTO BOOK 『#』 ワニブックス刊
https://www.wani.co.jp/event.php?id=4878

2015-11-24 | ニュース
151121_K_126

ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-ゲネプロ画像&開幕コメント

11月21日(土)、東京・赤坂ACTシアターにて、
ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-が開幕。

原作の人気エピソードの再演として、舞台化は今回で5作目。
新キャストを迎え、新たな演出、新たな楽曲も交えた“新生”ミュージカル『黒執事』
カンパニーが、パワーアップしたステージを披露しました。

物語は19世紀の英国。
万能の執事であり、悪魔のセバスチャンを従えるファントムハイヴ家の
若き当主シエル。ヴィクトリア女王からの密命を請け負う彼に、
「ロンドンで連続している娼婦殺人事件を解決せよ」との命が下る……。

今作で初めてセバスチャン・ミカエリスを演じるのは古川雄大さん。
抜群のスタイルと歌唱力で堂々たる主演ぶりを披露しました。

151121_K_061151121_K_041

【古川雄大さん 東京公演開幕コメント】

ミュージカル『黒執事』ついに東京公演を迎えます。大阪公演、宮城公演と公演を
行ってきましたが、この2箇所でもこんなに反応が違うのかと思うくらい違いがあり
毎公演新鮮な気持ちで楽しませていただきました。

そして、新生黒執事カンパニーをあたたかく迎え入れてくださりとても感謝しています。
僕らは進化し続けたいという想いで毎公演舞台に立っています。
大阪、宮城を終えた今少しずつですが作品の深み、チームワーク、歌にダンス、殺陣
など技術面の進化を実感しています。

そして東京公演、みなさんの反応や僕らがどんなパフォーマンスをできるのか、そして
これからどう進化できるのか、楽しみがたくさんあります。
東京公演でも1公演1公演大切に丁寧に思いっきりぶつかっていきたいと思っています。

みなさま、ご期待ください。

シエル・ファントムハイヴを2年連続で演じることになった福崎那由他さんは、さらに
成長した演技力と歌声で存在感を発揮。

151121_K_126151121_K_057

【福崎那由他さん 東京公演開幕コメント】

シエル・ファントムハイヴ役の福崎那由他です。

大阪での5公演と宮城での4公演、僕も全力で舞台に立ちました。公演の度に、たくさん
の方からパワーをいただきました!そのパワーをしっかりお客様にお返しできるよう、
東京公演でも頑張ります!

1公演1公演をもっと良い作品にしていこうという気迫が溢れるカンパニーの一員になる
ことができて、僕は本当に幸せです!

公演中も常に進化と成長をし続けていけるよう、ひとつひとつを大切にしながら身も心も
シエル・ファントムハイヴとして舞台に立ちます!

リコリス2015も、ぜひたくさんの方に観ていただき、そして愛していただきたいです!
魂も気持ちも想いも、僕の全てを込めて頑張りますので、どうぞよろしくお願いします

151121_K_027151121_K_065
151121_K_132151121_K_144
151121_K_183151121_K_204

お馴染みのキャスト陣も圧巻の見せ場を創り上げ、「黒執事」の世界観を見事に表現する
とともに、舞台ならではのパフォーマンスと熱量で客席を魅了していました。

大阪、宮城公演を経ての東京公演となり、
その後、福岡、そして中国公演とワールドワイドに上演されます。

【写真・文/片桐ユウ】

◆公演情報◆
『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-』
黒執事チラシ
http://www.namashitsuji.jp/

【日程】
東京:11月21日(土)~29日(日) 赤坂ACTシアター
福岡:12月4日(金)~6日(日) キャナルシティ劇場

12月11日(金)~12月27日(日)、
上海・北京・深圳にて上演予定。

2015-11-16 | ニュース
151114_K_263-1

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」公開ゲネプロ&囲み取材レポート

集英社「週刊少年ジャンプ」にて人気連載中の青春バレーボール漫画「ハイキュー!!」が、
初の舞台化!
11月14日(土)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて初日を迎えました。

“ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”は、バレーボールの試合を最新映像
テクノロジーを駆使して表現し、まるでバレーボールの試合を観戦しているような感覚
を劇場に居ながらにして味わえるという、新しい演劇体験が出来る舞台。

原作「ハイキュー!!」の魅力である人間ドラマも、オーディションで選ばれたキャスト
たちが熱演!

初日前には、マスコミ・関係者に向けて公開舞台稽古(ゲネプロ)が行われ、最新映像
技術というハイテクと、生身の俳優が汗を流すアナログが高次元で融合した<漫画×
演劇×映像>のハイブリッドパフォーマンスを披露しました。

151114_K_008-1
151114_K_059-1
151114_K_235-1
151114_K_246-1

ゲネプロ後に開かれた囲み取材には、日向翔陽役・須賀健太さん、影山飛雄役・木村達成さん、
及川 徹役・遊馬晃祐さん、岩泉 一役・平田雄也さん、そして演出のウォーリー木下さんが登場。

大人気漫画が原作ということで、ウォーリー木下さんは、「原作の良さである、しっかりとした
ストーリーとキャラクター、熱いドラマを生身の人間がやるのだということを念頭において演出
しました。結果、すごく“演劇”になった。演劇とバレーというスポーツは親和性が高い。俳優
たちの若さも含めてとても熱く、そして今までにない舞台になったのではないかと思います」
コメント。

須賀さんは「原作は、最初の読み切りの号から毎週欠かさず読んでいます!原作者の古舘先生に
ファンレターを書こうと下書きをしていたこともあるくらい大好きな作品なので、キャラクター
を演じることができてとてもうれしいです」と語り、「自分にファン心理があったこともあり、
プレッシャーは大きかったのですが、稽古をしていく内に自信に変わりました。原作に“頂の
景色”という言葉が出てきますが、この作品で、2.5 次元ミュージカルの“頂の景色”を見ること
ができるのではないかと思っています」と宣言!

木村さんも「原作を読んで影山が大好きになり、オーディションの時からこの役は絶対に渡し
たくないと思っていました」と強い思い入れを告白。「舞台上でしっかりと生きられるよう、
彼ら(仲間たち)と一緒に頑張ります」と意気込みました。

遊馬さんは「初舞台ということもあり、非常に緊張しています。でも今回演じる及川はキャプ
テンでもあるので、舞台上では堂々と頑張ります!高校3年間バレーボールをやってきました
ので、その経験を生かしていきたいです」とコメント。

平田さんは「僕が演じる岩泉は、男らしくてかっこよくて、心から尊敬しています。熱い思い
を込めて演じたいと思います」と役に対する熱い思いと意気込みを語りました。

稽古場はまさに“部活動”のような雰囲気だったということで、舞台上を縦横無尽に動き回る
演出に、須賀さんは「21年間生きてきて、最も動き、そして汗をかいています」と苦笑い。

稽古期間中は、チーム対抗でバレーの試合も行われ、木村さんが負けず嫌いで、負けた後は
チーム全員に「次は絶対勝ちましょう!」と気合の入ったメッセージが届くというエピソード
も飛び出しました。

木村さんが「試合が競ってくると、経験者が大人気なく本気を出してくるんです!」と遊馬さん
を責めると、遊馬さんと同じチームの平田さんも「…時々、ありましたね」と認め、遊馬さんが
照れ笑い。

そんな木村さんを静止しつつ、二人の間で戸惑う須賀さんといった場面が展開され、キャスト
たちの仲の良さが伺える囲み取材となりました。

新たな演劇の可能性に挑戦する“ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”は、東京公演を
を皮切りに、大阪、宮城、そして東京凱旋公演と上演予定。

【写真・文 片桐ユウ】

◆公演情報◆
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
烏野
http://www.engeki-haikyu.com/

【日程】
東京:2015 年 11 月 14 日(土)~23 日(月・祝) AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪:2015 年 11 月 27 日(金)~29 日(日) シアターBRAVA!
宮城:2015 年 12 月 5 日(土)~6 日(日) 多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋:2015 年 12 月 10 日(木)~13 日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo
※ 大千秋楽はライブビューイングを全国89の映画館で開催決定!!
http://www.toho.co.jp/theater/ve/engeki-haikyu/

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出:ウォーリー木下
脚本:中屋敷法仁

キャスト:
■烏野高校
須賀健太/木村達成/
小坂涼太郎 三浦海里 塩田康平 橋本祥平
川原一馬 田中啓太 猪野広樹 冨森ジャスティン/

■青葉城西高校
遊馬晃祐 平田雄也 坂本康太 有澤樟太郎
和田雅成 齋藤健心 金井成大 畠山 遼/

■烏野高校 OB
山口賢人 坂口慎之介/

■烏野高校 顧問・コーチ
内田 滋 林 剛史

【ストーリー】
バレーボールに魅せられた少年、日向翔陽は、やっとの思いで出場した中学最初で最後の
公式戦で、「コートの王様」の異名をとる天才プレイヤー、影山飛雄に惨敗。
リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、
影山の姿が…!?
ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。3度のボレーで攻撃へと“繋ぐ”スポーツ、
バレーボール。
仲間と繋いだ先に見える景色は!? 熱血青春バレーボール物語、いざ開幕!

1 2 3 4 5 6