toggle
2018-12-21 | ニュース
181219_akumatotenshi_kaiken_5X0A3506

手塚治虫生誕90周年舞台 『悪魔と天使』上演決定!

2019年に漫画家・手塚治虫生誕90周年を迎えるのを記念した舞台『悪魔と天使』の製作発表が
12月19日に行われた。

『悪魔と天使』は、手塚治虫自身の思いや意図を組み、人間模様を織り込んだ作品『ダスト8』
が原作。列車の大事故の惨事から生き延びた8名の人生を中心に描く物語。それぞれの人間が、
いざ死と向き合ったとき、どう生きるかの葛藤やどう対処するのかを問う形で展開していく。

製作発表には、主演の観月ありさを始め、白石隼也、鍵本輝(Lead)、矢部昌暉(DISH//)、
向山毅(SOLIDEMO)、木全寛幸(SOLIDEMO)といった若手実力派、さらに黒川智花、佐藤B作、
高島礼子らベテラン勢が顔を揃えた。劇中、観月と白石は、それぞれ精霊の悪魔キキモラと人間
の二役を演じる。また鍵本と向山、矢部と木全が1つの役をWキャストで演じている。

会見で登壇者たちは、舞台へ臨む意気込みや、手塚作品への思いなどを語った。

181219_akumatotenshi_kaiken_5X0A3506

観月「素晴らしい作品に出演させていただくことになり、本当にありがたいと思っています。
私の役どころは二役なのですが、キキモラという精霊に魂を乗っ取られている人間の役をほぼ
全編に渡って演じます。人間であって人間ではないという役で、一人の人間の中に天使の部分と
悪魔の部分が混在している。これからどういうふうになっていくか、とても楽しみです。手塚
治虫さんの作品は小さいころからたくさん見ていて、『ブラックジャック』、『鉄腕アトム』
そして『ジャングル大帝』…とても素晴らしくて楽しい作品がたくさんあるので、この『ダスト
8』も、皆さんの心に残るような作品に出来たらいいなと思っています」

白石「手塚さんの作品は小学校のときに『ブラックジャック』や『ジャングル大帝』をよく
読んでいました。今回、精霊キキモラと、カメラマンである人間の二役を演じています。この
原作を読んで、人間の欲望の恐ろしさ、心からの純粋さを感じました。皆さんといい舞台を
作っていきたいと思っています」

鍵本「役どころとしてはIT企業のエリートサラリーマン、そしてその傍らでミュージシャンを
やるという役です。僕は普段、Leadというグループで歌って踊っているので、その部分を地で
出しながら、役と自分自身を照らし合わせていく作業なのかなと思っています。幼少のころ、
『鉄腕アトム』の髪形をお風呂でシャンプーをつけて再現することにはまっていました。
(作品への)意気込みとしては…千秋楽まで観月さんが本当の悪魔になってしまわないように
頑張ります!(笑)」

矢部「手塚治虫さんといったら、学校の図書館に作品が必ずあって、僕もよく見ていました。
小さい子から大人まで誰もが知っているという手塚さんの作品に出演できるのは本当に光栄
ですし、豪華な出演者の皆様の一員になれたことがすごく嬉しいです。たぶん僕が最年少だと
思いますが、精いっぱいくらいついて頑張りたいです」

その他の出演者は野村宏伸、中島早貴、ぼんちおさむなど。演出はモトイキ シゲキ。また、
テーマ曲を河村隆一が担当している。

公演は2019年1月19日~2月3日まで、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場、2月9日~10日まで
大阪・梅田芸術劇場メインホール、3月1日~3日まで名古屋・御園座にて。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS/(C)舞台「悪魔と天使」製作実行委員会

2018-11-26 | ニュース
shinkenranbusai2018_3

ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭2018~ 開幕!

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~が、11月24日(土)にサンドーム福井にて
開幕した!!

ミュージカル『刀剣乱舞』の大型ライブ、真剣乱舞祭。『刀ミュ』シリーズに出演した
刀剣男士たちが一堂に会する華やかなライブで今年で3年目の開催となるが、これまでも
毎年異なる趣向を凝らした構成が好評を博している。
その初日となるサンドーム福井公演、満員の会場を熱気で包んだ舞台写真をお届け!!

shinkenranbusai2018_1

今回、刀剣男士たちが身に纏うのは、「真剣乱舞祭2018」のために新たに誂えたお祭り
衣裳で、刀ミュ史上最も賑やかな、18振りの刀剣男士たちが繰り広げる“祭”は、かつて
ないほどの圧倒的な熱量で観客を楽しませた。また、ライブパートでは、『刀ミュ』
シリーズ選りすぐりの楽曲に加え、今回初披露の新曲まで、約2時間20分にわたって
刀剣男士たちが全力で歌い踊る。

shinkenranbusai2018_2

本公演は、11月27日(火)からの東京公演、12月の宮城・大阪・千葉公演と続き、12月16日
(日)の最終公演は、全国の映画館でのライブビューイングと、動画配信サービスDMM.com
にてLIVE配信+ディレイ配信される。

Ⓒミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

TR_SRS2018_main_0918

<公演概要>
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~

公演期間・会場
【福井公演】2018年11月24日(土)サンドーム福井
【東京公演】2018年11月27日(火)~11月28日(水)日本武道館
【宮城公演】2018年12月5日(水)~12月6日(木)セキスイハイムスーパーアリーナ
【大阪公演】2018年12月11日(火)~12月12日(水)大阪城ホール
【千葉公演】2018年12月15日(土)~12月16日(日)幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

原案 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
総合演出 茅野イサム
脚本 御笠ノ忠次
振付・ステージング 本山新之助
出演 三日月宗近役 黒羽麻璃央
小狐丸役 北園 涼
石切丸役 崎山つばさ
岩融役 佐伯大地
今剣役 大平峻也
大和守安定役 鳥越裕貴
和泉守兼定役 有澤樟太郎
堀川国広役 阪本奨悟
蜂須賀虎徹役 高橋健介
長曽祢虎徹役 伊万里 有
にっかり青江役 荒木宏文
千子村正役 太田基裕
蜻蛉切役 spi
物吉貞宗役 横田龍儀
髭切役 三浦宏規
膝丸役 高野 洸
陸奥守吉行役 田村 心
巴形薙刀役 丘山晴己
武蔵坊弁慶役 田中しげ美、源義経役 荒木健太朗
源頼朝役 冨田昌則、藤原泰衡役 加古臨王
近藤 勇役 郷本直也、土方歳三役 高木トモユキ
中島 登役 新原 武、榎本武揚役 藤田 玲 ほか

主催 ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM GAMES ユークリッド・エージェンシー)

公演に関するお問い合わせ ネルケプランニング 03-3715-5624 (平日11:00~18:00)

■ミュージカル『刀剣乱舞』公式サイト https://musical-toukenranbu.jp/
■ミュージカル『刀剣乱舞』公式Twitter @musical_touken

2018-11-14 | ニュース
tantei2a

映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』製作決定!!

あの風変わりな探偵がスクリーンに戻ってくる!!

映画『刀剣乱舞』、舞台「カレフォン」など、話題の映画や舞台への出演が続く、
俳優・廣瀬智紀が主演を務める、映画探偵は、今夜も憂鬱を見る。
製作が決定した!!

tantei2a

前作で廣瀬は鞭(ブルウィップ)を華麗に操り、コンサバティブなファッションに
身を包み、難事件を解決していく風変わりな探偵・紅伊玲二を演じ、今まで見た事
のないヒーロー像を誕生させた。さらにスクリーンを飛び出し作品の世界観を表現
したテーマ曲『Candy lights』を廣瀬自身が歌い、CDもリリースするなど、ファン
を喜ばせた。

Candy lights
廣瀬智紀『Candy lights』

さて今回の紅伊玲二は一体どんな事件に立ち向かうのか?その気になるストーリーは、、、

「芝居で使う刀がなくなったので調査して欲しい」、依頼主は旅芸人一座の座長。実は
無くなった刀というのは竹光ではなく、真剣だった!何故、真剣があったのか?そして
誰が持って行ったのか?調査のために旅の一座に潜入する玲二は、次第に無くなった刀
の背後にある真相にたどり着く。旅芸人一座を救うために、玲二の正義の鞭がしなる・・・。

tantei2b

監督には黒澤清や廣木隆一、清水崇のもとでキャリアを積み、2010年に映画『おのぼり
物語』にて監督デビューをした毛利安孝。廣瀬智紀とは映画「羊をかぞえる。」(16)
「天秤をゆらす。」(16)「逃げた魚はおよいでる。」(17)で一緒に仕事をしており、
息もぴったりである。また、前作の相棒だった藍彰二に代わり、フレッシュな新キャラ
クターも登場!その他の紅伊探偵事務所の顔ぶれなど、気になるキャストは近日中に
発表される予定。

映画探偵は、今夜も憂鬱を見る。の撮影は今年12月から開始され、2019年
夏に公開予定!!

tantei_picture
ファン待望の前作のDVDがhttp://ue-shop.rs.shopserve.jp/にて12月より発売予定。

映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』
主演:廣瀬智紀
企画・原案プロデューサー長田安正 監督:毛利安孝 脚本:野本史生
製作:「探偵」製作委員会 配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
(C)2019「探偵2」製作委員会 公式サイト:tantei2.united-ent.com

2018-11-05 | ニュース
makai-tenshou1

舞台『魔界転生』東京・明治座公演の公開舞台稽古。 上川隆也、溝端淳平、松平健らキャストが意気込みを語る。

山田風太郎原作の人気伝奇小説『魔界転生』。壮大なスケールで描くこの歴史ロマンが、
日本テレビ開局65周年記念として、堤幸彦演出で舞台化。

10月に福岡・博多座での公演を終えて、11月3日から開幕する東京公演を前に、11月1日
に公開舞台稽古が行われた。

今作は、大迫力のアクション&殺陣、そして最先端のプロジェクションマッピングを駆使
した映像が注目のスペクタクル時代劇。公開稽古の前には、囲み会見が行われ、上川隆也、
溝端淳平、松平健、高岡早紀、浅野ゆう子ら豪華キャストと堤幸彦が登壇。今公演にかける
意気込みや、見どころを語った。

makai-tenshou2

主演の柳生十兵衛役の上川は「福岡・博多座での公演で、九州の皆様に歓迎していただき、
喜んでいただけたと実感でき1カ月でした。とてもいい熱量を持って博多座を終えること
が出来たので、その勢いをそのまま東京に持ち込みつつ、この物語をよりはぐくみたいと
思います。この物語は、タイトルからして、おどろおどろしいイメージを持ってしまい
がちですが、私の演じる柳生十兵衛を始めとして、人間らしさにあふれるキャラクター
たちが数多く登場する物語です」

天草四郎役の溝端は「歴史あるこの明治座の舞台に立てることは非常に光栄なことです。
芝居は生モノですから、日々成長して、変化を恐れず、かといって締めるところは締めて、
いいものをお客さんに届けたいと思っております。史実として、島原の乱にて弱冠16歳で
亡くなった天草四郎が、現世に甦って復讐する。最終的な四郎の目的は何だったのかが、
この作品のキーポイントだと思う。一人の少年としての四郎の人となりが出るところに
注目してほしい」

柳生宗矩役の松平は「映像と芝居を合致させた新しい試みの舞台が博多座で皆さんに
喜んでもらえたと思います。博多座の1カ月で、上川さんを始めとしたチームワークが
まとまってきたと思うので、その成果を明治座で観ていただきたい。私は、人間と魔界
の両方の役をやらせていただいたのですが、それぞれの殺陣の違いを楽しんでもらえれば」

演出の堤は「平成最後の年にこの大作を皆さんにお届けできるのは光栄です。かなり斬新
な試みを多々入れつつ、ここに並ぶ役者の皆さんには相当な負担をおかけしたかなと思い
つつも、皆さんが軽々とそれを乗り越えまして。皆さん、役を掴んで、大きくステップ
アップされたんだなと感じます。『魔界転生』は、プロダクションマッピングなどの映像
を、ほぼ全編に渡って舞台装置の柱として使っているのは間違いない。いろんなアイデア
を使っていますので、お楽しみに」

会見の最後には、キャストを代表して上川が「笑いあり、涙あり、アクションありの盛り
だくさんの舞台です。ぜひ劇場で体感してください」と、メッセージを述べた。

他のキャストは、村井良大、山口馬木也、藤本隆宏、松田凌ら。

公演は11月27日(火)まで同所にて。

12月9日(日)~14日(金)まで、大阪・梅田芸術劇場メインホール公演あり。

2018-05-30 | ニュース
main_john_manjiro

舞台「ジョン万次郎」 メインビジュアル公開!&アフタートークショー決定!

溝口琢矢が主演を演じる もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台「ジョン万次郎」の
メインビジュアルが、舞台オフィシャルサイトにて公開された。

アメリカの地を踏んだ最初の日本人ジョン万次郎。異国の地で強く生き抜いた青春時代から10年後、
決死の帰国を果たした万次郎を待ち受けていたのは幕末の動乱期。開国に向かうその激しい時代の
中で、万次郎の運命は翻弄されていく物語だ。

main_john_manjiro

公開されたビジュアルには、大海原をバックに和装・洋装の2種類のジョン万次郎が描かれ、物語
の壮大さが感じられる。また、各キャストのビジュアルと役名も公開され、メインキャスト達の
ほとんどが一人二役を演じるとのことで、この舞台の見どころとしても楽しみである。

ジョリー/武市半平太役の荒木宏文、ジョン万次郎と共に遭難した五右衛門役の石原壮馬や、寅右
衛門/福沢諭吉役の正木郁、ホイットフィールド船長役の細貝圭、バートレット/勝海舟役の山崎
樹範を始め、舞台を彩るキャストたちのビジュアルはオフィシャルサイトでチェック!!

ジョン万次郎役:溝口琢矢

● ジョン万次郎役:溝口琢矢

ジョリー/武市半平太役:荒木宏文

● ジョリー/武市半平太役:荒木宏文

五右衛門役:石原壮馬

● 五右衛門役:石原壮馬

寅右衛門/福沢諭吉役:正木郁

● 寅右衛門/福沢諭吉役:正木郁

ホイットフィールド船長役:細貝 圭

● ホイットフィールド船長役:細貝 圭

バートレット/勝海舟役:山﨑樹範

● バートレット/勝海舟役:山﨑樹範

舞台本編終演後には、溝口琢矢をはじめとしたキャストによるアフタートークショーの実施も決定。
詳細については後日発表される。

公演初日まで残り1か月を切った舞台「ジョン万次郎」注目です!

舞台「ジョン万次郎」オフィシャルサイト:
http://mottorekishi.com/johnmung/

 

 

【「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」とは】
教科書には載らないような歴史上の出来事を興味深く面白くエンターテインメントとして
表現するシリーズ企画。

【原案:「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂 」】
1800年代。アメリカ東部に暮らした初めての日本人、ジョン万次郎(中浜万次郎)
言葉も習慣も異なる地で、いじめや差別にくじけることなく、強く生き抜いていった
秘訣は何だったのだろう?アメリカに残された記録や資料をもとに、日本が誇る
バイリンガル、ジョン万次郎の青春時代を鮮やかに描いた物語。
2011年ニューベリー賞オナー受賞。

作者:マーギー・プロイス
アメリカの自動文学作家、劇作家。実際に日本に足を運んでの取材や、アメリカに残る資料
をもとに書き上げた初めての小説『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』が、児童文学の
栄誉ある賞、ニューベリー賞オナーをはじめ、数々の児童文学賞を受賞。本書は、「差別や
多様性を考える本」として、全米の小中学校の副教材に取り上げられるなど話題となった。
他の著書に『WEST OF THE MOON』(ミネソタ・ブックアワード受賞)、『SHADOW ON
THE MOUNTAIN』『ENCHANTMENT LAKE』『THE BAMBOO SWORD』など。アメリカ・ミネソタ
州在住。趣味はスキー、ハイキング、カヌー。

訳者:金原瑞人
翻訳家、法政大学社会学部教授。児童文学、ヤングアダルト小説翻訳の第一人者。訳書に
『わたしの名前は「本」』『ぼくとあいつと瀕死の彼女』『英国諜報員アシュンデン』、
共訳書に『僕には世界がふたつある』『ミス・ペレグレンと奇妙な子供たち』など数え
きれないほどある。また、『翻訳家じゃなく、カレー屋になるはずだった』『サリンジャ
ーに、マティーニを教わった』などの著書や、『13歳からの絵本ガイド YAのための
100冊』『12歳からの読書案内』など監修・編集を務めた書籍も多数。海外文学、翻訳
作品の魅力を伝えるためのフリー小冊子「BOOKMARK」発行人。

 

【舞台「ジョン万次郎」公演概要】

日程:2018年6月14日(木)~6月24日(日) (全14公演)
会場:EXシアター六本木
原案:「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」(集英社文庫)
マーギー・プロイス(著)  金原瑞人(訳)
脚本:鈴木哲也/金沢知樹
演出:大関真(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)
企画:座間隆司
制作:株式会社テレビ朝日ミュージック
企画協力:株式会社タトル・モリ エイジェンシー/集英社
主催:「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会
株式会社テレビ朝日ミュージック
株式会社ローソンHMVエンタテイメント

主演:溝口琢矢(ジョン万次郎)
出演:荒木宏文、石原壮馬、正木郁、石賀和輝/山下聖菜/細貝圭、石井智也
井深克彦、寿里、輝山立/鷲尾昇、武智健二/山崎樹範

©Based on “HEART OF A SAMURAI” by Margi Preus
Japanese language theatrical live performance rights arranged with
Margi Preus c/o Jennifer De Chiara Agency and Books Crossing Borders,
New York through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo
© Mizuhito Kanehara/Shueisha
©「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンHMVエンタテイメント)

■チケット料金(税込)
・全席指定席:¥8,800
※当日券は¥500増し。残席がある席種のみ販売予定。
※未就学児のご入場はできません。

■チケット販売スケジュール
2018年5月19日(土)12:00~一般発売中

1 2 3 4 5 6 7 8 11