toggle
2019-08-21 | ニュース
絢爛とか爛漫とか

演出・鈴木裕美と4人の実力派若手俳優で
昭和の文士を描く『絢爛とか爛漫とか』開幕

時代は昭和のはじめ、若き4人の文士たちの姿を描いた舞台『絢爛とか爛漫とか』が、8月20日に東京・DDD青山クロスシアターにて開幕した。
この作品は、鈴木裕美演出で1993年に初演されたもので、今回、同じく鈴木が演出して新たな舞台『絢爛とか爛漫とか』を創り上げた。
4人の文士を演じるのは、安西慎太郎、鈴木勝大、川原一馬、加治将樹という若手実力派の俳優たちだ。処女作以降、2作目が書けず悩む新人小説家・古賀を安西慎太郎、批評家志望のモダンボーイ・泉を鈴木勝大、自称・耽美小説家の加藤を川原一馬、破天荒で自由に生きる諸岡を加治将樹が、それぞれ演じる。

絢爛とか爛漫とか

公演初日を迎えてキャスト4人と、演出の鈴木がコメントを出した。

安西慎太郎/古賀大介 役

ついに幕が開きます。正直、胸の高鳴りが凄いです。ドキドキ、ワクワクしています。カンパニー全員で過ごしてきた時間を信じ、手を取り合い、とにかく楽しんでやっていきたいと思っています。ご観劇いただけるお客様、楽しみにしていてくださいませ。

鈴木勝大/泉謙一郎 役

今回の作品では、1カ月稽古を経た今でも芝居中に新たに見つけることが多くあります。なので、これから始まる本番の期間の中でも、舞台上の古賀・諸岡・加藤を見て想定していなかったような感情も抱くのかもしれないなとワクワクしております。観劇にいらしてくださる皆様にも舞台上の4人と過去の自分が結び付くような素敵な瞬間がきっとあると思います。

川原一馬/加藤常吉 役

この作品は、上質な芝居というものを意識して稽古させてもらってきた作品なので、部屋に置いてあるものから細かい動作、4人の中で繰り広げられる会話一つ一つを楽しんでいただけたらと思います。作品の中で4人それぞれが、その時に起こったことを受けていけるよう、ギリギリまで僕たち4人も挑戦したいと思います。

加治将樹/諸岡一馬 役

昭和初期の日本、四季折々の音や匂いと共に今を懸命に生きる若者の姿をご覧いただき、今作が皆様の明日への活力となれば、この上ない幸せでございます。これを書いてるのは初日の幾日か前。きっと我々初日は心臓バックバクのドッキドキのことと存じます。皆様の笑顔がそれを救う唯一の方法です。ぜひお楽しみください。

絢爛とか爛漫とか

鈴木裕美/演出

この度、21年ぶりにこの戯曲を演出するという機会を得、まず感じたことは「ああ、またあの4人に会えるんだな」という喜びでした。演劇と小説で住む世界は多少違いますが、同じく創作に携わる同志として、かけがえのない友人として、彼らは常に私の中に居ました。現代の青年たちを通して、まだ会ったことのない古賀、諸岡、泉、加藤に出会えたことは望外の喜びです。彼らの息遣いや体温まで感じていただけるような親密な劇場です。私の古くて新しい友人たちに、どうぞ会いに来てください。

絢爛とか爛漫とか

公演は9月13日まで同所にて。公演期間中、日替わりでキャストたちによるアフターイベントが行われる。またキャストそれぞれが“この才能に惚れている!”というゲストを招いてのトークショーも開催。

絢爛とか爛漫とか

撮影/神ノ川智早

2019-08-21 | ニュース
今江大地

『冒険者たちのホテル』が新演出で上演決定
関西ジャニーズJr.の今江大地を主演に抜擢!

2016年に演劇集団イヌッコロにより上演された舞台『冒険者たちのホテル』。オンラインRPGにはまった主人公、さらにオンラインゲーム仲間が集まり、ホテルの従業員や妻までも巻き込んで起こる、嘘が引き起こすコメディとして話題となり、続く2017年には「ドラゴンクエスト夏祭り2017」の会場である東京ビッグサイトでも上演され、さらなる注目を集めた作品だ。
そして今年の年末、会場を東京・六本木にある老舗劇場、俳優座劇場に移し、さらにサブタイトルに「ドラゴンクエストXに集いし仲間たち」を加えて、新演出で上演することが決定した。
演出を担当するのはTV、舞台と活躍する俳優であり、且つ2013年以降、演出家としても活動の幅を広げている佐野瑞樹。
今回の作品の見どころについて佐野は「今回は俳優座劇場というお芝居をやるには最高の劇場で、表情やちょっとした仕草まで全て見え、お芝居がより深くなるというところ。そして“ドラゴンクエストX”自体がバージョンアップをしながら進化しているので、お芝居もそれに合わせて設定が少しずつ変わっているところにご注目ください」と語った。
そして注目の主演は、関西ジャニーズJr.として活動している今江大地が抜擢された。これまで映画やジャニーズ事務所の舞台には数多く出演しているものの、主演は初めてで、ジャニーズ以外の作品への出演も初となる。数々の作品で培ってきた実力を、今作でどう発揮してくれるか期待だ。
自ら出演もする佐野の演出プランをもとに、今江大地はじめ、共演の米原幸佑、近藤頌利、丸山敦史、花奈澪、中塚智実、梅田悠、岡田地平、梨衣名、こいづか登といった、かなりの実力派揃いで多彩なキャストによって、俳優座劇場だからこそ観ることができるきめ細かな芝居を届けてくれそうだ。

舞台『冒険者たちのホテル~ドラゴンクエストXに集いし仲間たち~』は、12月18日~12月26日まで、東京・俳優座劇場にて。

『冒険者たちのホテル〜ドラゴンクエストXに集いし仲間たち〜』オフィシャルTwitter

2019-08-20 | ニュース
地球防衛軍 苦情処理係

鴻上尚史×中山優馬が再びタッグを組み
愛と戦いと信頼と絶望と希望の物語に挑む

11月2日(土)~24日(日)まで、東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて、鴻上尚史作・演出の舞台、KONAMI@network vol.17『地球防衛軍 苦情処理係』を上演することが決定した。
本作は、作家で演出家の鴻上尚史が書き下ろした作品。馴染みがあるようで、新しい切り口のファンタジーの中に、鴻上が数々のメタファーを埋め込み、「正義とは何か? 真実とは何か? 愛とは何か? エゴとは何か?」という、生きるためにぶつかる切実な問題が徐々に浮き彫りになっていく、愛と戦いと信頼と絶望と希望の物語だ。

主演を務めるのは、2018年上演のKOKAMI@network vol.16『ローリング・ソング』で鴻上と初共演を果たし、夢に怯える20代のミュージシャンを等身大で演じて好評を博した中山優馬。前作に引き続いて再び強力タッグが実現した。
共演陣の顔ぶれも多彩。コンサートのみならず、舞台『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』や『THE BANK ROBBERY!~ダイヤモンド強奪大作戦~』など、幅広く活躍する原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)や、映画『翔んで埼玉』、ドラマ『きのう何食べた?』などの話題作にも数多く出演する名バイプレーヤーの矢柴俊博、多くのCMや映像作品をはじめ、最近では舞台『奇子』にも出演している駒井蓮、更にKOKAMI@networkには11回目の出演となる、まさに鴻上作品には欠かせない存在の大高洋夫といったキャストだ。
「地球防衛軍」というエリート組織の中にある「苦情処理係」が、この物語の舞台。「地球防衛軍」は怪獣や異星人から人類を守るために、日夜、必死で戦い続けている。が、その中の「苦情処理係」の使命は? 大切なものを守るため、愛と戦いの間で苦悩する主人公を、中山優馬がどのように創り上げていくのか、そして中山と鴻上尚史が再び共鳴し、今度はどのような化学反応を起こすのかに、期待を。

中山優馬コメント

鴻上さんの作品にまた出演出来ること、すごく楽しみです。今回のお話は近未来の地球防衛軍、その中の苦情処理係という、なんともワクワクしてしまう設定に鴻上さんワールド全開な作品になるだろうと確信しています。
前回出演させていただいたときの印象は、稽古場で一つ一つ入念に作り上げて万全の状態でも本番が開けると観客の皆様の笑い声や、反応がダイレクトに伝わってきて一瞬も気を抜くことなく気がついたら本番が終わっている。そんな印象です。今回もそんな生の作品、生の時間、生の反応、を存分に楽しみたいと思います。そして観客の皆様にも同じように楽しんでいただき、良い時間だったと思っていただけるように全力を尽くします。

原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)コメント

名だたる先輩方を演出されてきた鴻上さんの作品に出演できること、心から光栄に思います!
優馬くんとはラジオなどでお仕事をさせていただく機会はありましたが、お芝居でガッツリ共演させていただくのは今回が初めてなのですごく楽しみです! 良い作品を皆さんにお届けできるように精一杯演じさせていただきますので、ぜひとも劇場に足を運んで頂けたら幸いです!

11月29日(金)~12月1日(日)まで、大阪・サンケイホールブリーゼにて公演あり。

『地球防衛軍 苦情処理係』オフィシャルサイト

2019-08-20 | ニュース
LikeAフォトセッション

舞台『Like A』 room[003]が閉幕!
本作で、新しい謎の扉は開いたが…!?

東京・新宿FACEにて上演していた舞台『Like A』 room[003]が、8月14日(水)に無事に千秋楽を迎え、閉幕した。
舞台『Like A』は、『Club SLAZY』シリーズで演出・脚本を務めた三浦香、脚本の伊勢直弘、振付の當間里美、楽曲制作のAsu(BMIInc.)、まさに最強タッグのスタッフ陣が送る、完全オリジナル舞台。2018年2月に初演を上演、そして今年1月にroom[002]を上演し、歌やダンスはもちろん、ピアノの生演奏やラップといった最高級のエンターテイメントとミステリアスなストーリーが話題となった。

――海沿いの街“ハイタイド”に建つ一軒の高級ホテル【PERMANENT】。これはHOTEL PERMANENTの“ひみつ”をめぐる物語(ミステリー)。
そのシリーズ第3弾となる今回は、ついに新しい謎の扉が開く!と、上演前から話題沸騰だった。注目は今作から登場するキャラクターたち。彼らはどんな人物で、誰と関わりがあるのか。『Like A』の大きな秘密と真実は、はたして明かされるのか、それとも深まるのか…。目が離せない展開が待っている。また、アップテンポな曲からバラードまで、物語を彩る多彩な楽曲の数々も作品の重要な要素になっている。果たして、新しい謎の扉は開いたのか…!?

さかのぼって、公演初日の8月7日(水)。公開ゲネプロと舞台あいさつが行われ、辻凌志朗、SHUN、中谷優心、髙﨑俊吾、内海啓貴、齋藤健心、古賀瑠、前田陸、橋本有一郎、今井稜、平牧仁、鎌苅健太が登壇した。
会場を埋めた大勢の観客を前に挨拶したBB役の辻は、「room[003]がやれることがうれしくて仕方ないです。room[003]になってそれぞれのキャラクターの人間性がすごく出ていて、深いところでストーリーが進んでいくと思うので、また深い謎解きが出来るのではないかなと思っています。深いところで楽しんでください」と、謎解きが出来るという本作の魅力を語った。
本作で確かに新しい謎の扉が開いた。だが、観終わった観客の中にはこんな声もあった。「しかし、まだ謎が多い。続きが楽しみ…」と。まだ続くのか!? [004]へと!?

DVD&CD発売!

本公演のDVDと劇中歌のCDが、2020年2月26日(水)に発売予定! 8月7日(水)より、劇場、CLIE TOWN(通販サイト)にて予約受付を開始している。発売日までに劇場もしくはCLIE TOWNにて、公演DVDと劇中歌CDを同時に予約いただいたお客様には、[千秋楽公演全景定点映像Disk(非売品)]をプレゼントする。同時に予約されたお客様にはさらにその場でもれなくキャストビジュアルを使用した[Like A特製アロマカード(非売品)]をプレゼントする。

LikeAチラシビジュアル

『Like A』オフィシャルサイト

撮影/鏡田伸幸、岩田えり
©2019Like A/CLIE

2019-08-20 | ニュース
_5R_6764

『ハイキュー!!』〝飛翔″の製作発表会見
「新生烏野」の日向&影山が意気込みを語る

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』のシリーズ8作目となる新作『ハイキュー!!』〝飛翔″が、11月1日より東京・大阪・宮城・東京凱旋の4会場にて上演されることが決定。“ハイキューの日”である8月19日に製作発表会見が行われた。
今作〝飛翔″では、日向翔陽役の醍醐虎汰朗をはじめとする「新生烏野」がついに始動。春の高校バレー全国大会に備える烏野高校排球部のメンバーが、それぞれ新たな強敵(ライバル)と出会い、成長していくストーリーが展開される。

東京都内の体育館で行われた会見には、日向役の醍醐と影山飛雄役の赤名竜之輔が扮装姿で登壇したほか、脚本・演出のウォーリー木下らも出席。それぞれが今公演に向けた意気込みを語った。
ウォーリー「演劇『ハイキュー!!』は、毎公演チャレンジをしようということをテーマに掲げています。今作はここ最近で一番大きなチャレンジです。新生烏野のメンバーはとても若くて、みんな真っすぐに演劇が好きな感じが伝わってくる。この俳優さんたちとなら、今までとは全く違う新しい挑戦ができるとワクワクしています」
醍醐「日向翔陽はすごくポジティブ。今作で描かれるのは壁にぶつかるところだと思うのですが、それでもへこまずに、くじけずに、前を向いている人なので、そこは大切にしていきたい」
赤名「僕は影山飛雄を一人の男として尊敬しています。1年生でレギュラーでセッターというポジションにかかる期待に常に応え続けている人なのでね」

会見の途中には、2015年11月の初演から2018年10月の〝最強の場所(チーム)″まで日向役で出演していた須賀健太と、『ハイキュー!!』ファンの古田新太、池田成志からのビデオメッセージが流れ、会見の場がグッと盛り上がった。また、原作者・古舘春一が書き下ろした、「飛翔」のタイトル入り応援イラストが贈呈されるというサプライズもあり、3人は大感激の様子だった。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』〝飛翔″は、11月1日~11月4日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、11月9日~11月16日まで大阪・大阪メルパルクホール、11月22日~11月24日まで宮城・多賀城市民会館 大ホール、12月6日~12月15日まで東京凱旋・日本青年館ホールにて上演。

『ハイキュー!!』〝飛翔″ オフィシャルサイト

©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』製作委員会

1 2 3 4 5 6 14